可愛い愛犬の気になる悩み ‐行動編‐

愛犬の可愛いあのしぐさ 実はこんな意味だったんです

だいぶ親バカなんですが、ワンコに見つめられて首をかしげられると、可愛くて可愛くてキューンとしちゃいます(*´∀`*)


おいで☆と呼んだ時に多いんですが、首をかしげて「ん??なに?」というカンジに遠くから見つめています。
聞き取れなくて首をかしげているのかどうなのかはわからないんですが、そのしぐさにメロメロです。


他にも、色んなしぐさをします。
寝転がってお腹を見せたり、小刻みに震えていたり、前足を腕や足にかけてきたり、足元に擦り寄ったり、座っている横にピッタリくっついてきたり(*´∀`*)
ワンコの可愛いしぐさがたくさんありますが、このしぐさ全てにちゃんと意味があるのです。


小首をかしげる


ウチのコもよくやる、小首をかしげるしぐさ。
困っているようなカンジがしますが、実際には困っているわけではありません。



これは音に反応しているときにする行動で、よく聞き取れなかった時などに耳の高さを変え、音のする方向を確かめたり、音の種類聞き取ろうとしているしぐさなんだそうです。


また、モノをよく見ようとして対象物を視界の中心から少し外して見ているという説もあります。


音や見たことのないものにに対して敏感なのは警戒心を抱いているということでもあります。
例えば、飼い主さんがいつもと違う服装をしているだけでも、何かを警戒して「なにかいつもと違うぞ?」と小首をかしげているのかもしれません。


ワンコが小首をかしげるはっきりとした理由はわかりませんが、ワタシ達が思っていることとはちょっと違うようですね。


ワンコはとても賢いので以前に小首をかしげた時に、飼い主さんが「可愛い(*´∀`*)」と喜んだ事を覚えていて、飼い主さんに喜んでもらおう。かわいがってもらいたい。という時にもワンコが小首をかしげる傾向もあるようです。


ウチのワンコは「可愛い(*´∀`*)」といってもいらいたくてやっているような気がします・・・(^_^;)


よく小首をかしげる他に、耳をよく掻いていたりするなら、耳の疾患の可能性もあるので注意してあげたよほうがよさそうです。


お腹をみせる


ワンコがお腹をみせる時は、2つのパターンがあります。


飼い主や家族に対して完全に安心しきっている場合と、喧嘩などをした時に降参しました。という服従のしぐさでもあるのです。


見分け方はしっぽや耳が緊張しているかどうかで見極めます。


飼い主さんに対してお腹を見せるのは、信頼している・気を許している・甘えたい。という心境の時にお腹を見せるといいます。



ワンコ達にとって骨格の覆われていない喉やお腹は1番弱いところ。弱点をみせる=信頼しているということになります。


降参の時のお腹見せは、弱点を見せることで攻撃する意志はないという事を相手に伝えているんです。


マウンティング

ワンコが他のワンコや飼い主さんの足や腕に抱きつくようにして腰を振る行動はマウンティングといいます。


マウンティングをみると、ワタシ達はどうしても性的な意味があるのでは?と考えがちです・・・


ワンコの性的なマウンティングは発情期のメスに対してオスが性的な行動として起こすことはありますが、基本的に発情期のメスがいないと性的なマウンティングはしません。


飼い主やおもちゃ、他のワンコに対しておこなうマウンティングには違う意味があるんです。


飼い主さん・おもちゃ・犬同士で行うマウンティングは、興奮している時や自分の方が強いというアピールなんです!
ですから、オスに限らずメスでもマウンティングをする子はいるんだそうです。


ウチのコも仔犬の頃、子どもたちや旦那に対してやっていました。



遊んでもらって嬉しくて興奮していると思っていましたが、ワタシに対して一切やらなかったので子どもや旦那に対して、自分の方が上なんだぞ!!と言いたかったようです。(^_^;)


マウンティングしようしたら腕や足からワンコを離すようにしていたら、自然となくなったので「ボクの方が下」と諦めたようです(笑)


飼い主にしなくても、ぬいぐるみなどのおもちゃにマウンティングするコも要注意!!
ぬいぐるみと遊んでいるんだからいいのでは??と思いますが、何かを支配したいという欲が芽生えてきているので、止めさせた方がいいんだそうですよ。


オスの場合、去勢手術をすることで支配欲が薄れてマウンティングも減るといいます。
マウンティングは癖になるので、やり始めたらやめさせるようにして行くことが必要です。



あごを腕や足にのせる

ワンコがあごを飼い主さんの足や腕に乗せてくるのは、甘えのしぐさです。
ワンコが甘える=飼い主を信頼している・しつけがキチンと出来ている ということなのです。


ウチのコもソファにワタシが座っていると、ももにあごを乗せて見つめてきます。
ベットで横になっていると、腕にあごを乗せて一緒に寝たりします。



同じ家族でも、決まった相手にしかしません。
ウチのコはワタシと上の娘に対してだけしてきます。


下の娘と旦那は遊び相手で、甘える相手ではないと認識しているようです。


ワンコが甘えるしぐさは他にも色々あります。


・前足をのせてじっとみつめる
・口をペロペロ舐める
・クゥーンクゥーンと鳴く
・飼い主について歩く
・身体をすり寄せて来る
 など・・・


ウチのコは相当甘えん坊なんでしょう。
上記のしぐさ、全部やります(笑)(^_^;)


ワンコは甘えることで、ワタシ達飼い主に「大好きだよ」という愛情表現をしているのです。
むやみやたらに甘やかすのは上下関係が逆転してしまうので、状況やワンコの様子をみながら甘えさせてあげることも必要なことなんですね。


しっぽを足の間に挟む

ワンコがしっぽを股に挟むのは防御の姿勢。
恐怖を感じている時や、緊張・服従を意味します。


勝ち目のない相手に対して逃げることを「しっぽを巻いて逃げる」といいますが、この言葉はワンコのこのしぐさからきているようです。


恐怖を感じ怯えていると、しっぽを股にはさんでお尻の穴と陰部を隠しています。
これは、肛門腺から発する臭いを嗅がれないようにするためで弱みをみせないように守っているんです。


愛犬が外で尻尾を股に挟んでいたら助けてあげましょう。
ワンコも、恐怖から飼い主さんに助けてもらうことで、さらに信頼度が高まります。


あくびをする

ワンコのあくびは、ワタシ達のように眠たい時にだけでるわけではありません。
もちろん、眠いときやリラックスしている時もあくびをします。



ワンコがあくびをする理由で1番多いのは、ストレスを感じて気持ちを落ち着かせるためなんだそうです。


・シャンプーをするときによくあくびをする
・あまり好きでないヒトに触られている
・怒られている時
・しつこく、しつけ(おすわりなど)をされている時
 など、ワンコにとってストレスを感じている時にあくびをよくするようです。


ウチのコは車が苦手なので、車に乗るとよくあくびをしています。
一生懸命、気持ちを落ちつかせようとしているんでしょうね。


自分が落ち着くためにあくびをするのはもちろん、相手にも落ち着いて欲しい時にもあくびをするそうです。


例えば他の犬が威嚇してきた時にあくびをすれば、コッチには攻撃する意志はないから安心して。という意味が込められ、飼い主さんが夫婦喧嘩をしている時にも、喧嘩はやめて!落ち着いて!!と訴えているのです。


耳・口・鼻・尻尾でワンコの気持ちが分かる!?

ワタシ達人間は表情や雰囲気で感じとって、相手の気持ちを感じ取ります。
ワンコたちは、尻尾・耳・口・鼻の組み合わせで気持ちを表現しています。


こんな時ワンコはこんな気持ちなんだとわかれば、ワンコと意思疎通ができるようになりさらに信頼関係も深まることでしょう。


尻尾で分かる犬の気持ち


まずは尻尾。
ワンコにとっての尻尾は大切なコミュニケーションツールの1つ。とても大事な役目を果たす部分でもあるのです。


尻尾の高さ・振り幅・振る早さで気持ちに違いがあります。


尻尾の高さ
尻尾が高くピンと上げている時は、自分の自信を表しています。
自分より弱そうな相手を見つけた時などに、強さをアピールするために尻尾を高くあげます。


尻尾をあげて毛が逆立っている時は、興奮していたり攻撃的な態度の時になります。


逆に尻尾を下げているときは、服従や不安を示し、股に巻き混んでいる時は恐怖を感じています。



しっぽが水平の時は、何か興味がわくものがありワクワクしているときになります。


尻尾の振り幅・速度

尻尾の振り幅が大きい時は、喜び・好意を示しています。
小さい振り幅のときは、ここにいるよ☆というアピールや知り合いに合った時の歓迎を示すとき。


尻尾が低い位置で尻尾を振っていたら、甘えや飼い主に対して感謝を示しているといいます。


小刻みに早く振っている時は興奮しています。
高い位置で小刻みに振っている場合は、威嚇していることもあるので、むやみに手をだしたりすると噛まれる危険もあります。


犬が尻尾を振る=喜んでいるとは限らないのです。
尻尾の高さ・振り方で気持ちが大きく違うので、よくみてから判断しましょう。


耳で分かる犬の気持ち

ワンコの耳の傾け方で感情を感じ取ることも出来ます。


ラブラドール・レトリーバー・ダックス・ビーグル・シーズーのように、垂れ耳の犬種はちょっと耳だけでは気持ちをよみとるのが難しいかもしれませんが、立ち耳の犬種のコたちはわかりやすいです。


耳をピン!と立てやや前方に傾ける時



ん??なんだ?と驚きや興味を示している時になります。
耳をピンとして小首をかしげている時は、ワクワクしているんだそうです。


頭につくように両耳をうしろに寝かせる

恐怖心や服従を示しています。
耳をたたむことで少しでも自分を小さく見せて、敵意がないことを表しているんだそうです。


このように耳を後ろに寝かせて、目を細めて尻尾を大きく振っている時はとても嬉しい時なんです。


ウチのヨーキーも、ワタシが帰宅すると耳をペタンと後ろに寝かせて尻尾を振って、身体を低くしてとても嬉しそうにしています。


両耳を左右に広げて後ろに引く

真正面から見ると耳がVの字のように見えます。


これは、好きでもない嫌いでもない、という微妙な気持ちの時なんだとか?
嫌ではないけど、気に入らない・・・
自信もないけど、服従心もさほどないという気持ちなんだそうです。


耳を前に出したり引っ込めたりしている
こんな時は、どうしようか悩んでいる時なんだそうです。
ワタシ達が腕を組んで首をかしげているようなものです。

口で分かる犬の気持ち

口に現れる感情は、尻尾を同じくらい比較的よみ取りやすいでしょう。


口が軽く開いて下が少し見える
口角が引っ張られてアゴ周辺のちからも抜けています。


こんな時は、かなりリラックスした状態で穏やかな心境です。
なんだか笑っているようにも見えます。ウチのコもよく笑っています(笑)



口を閉じて下も歯もでていない
あれはなんだろう?と興味を持ちつつも少し警戒しています。
ちょっと臭いを嗅いでみようと思って、鼻から息を吸う準備をしているとも考えられます。


口を閉じ、唇をめくりあげて歯をみせる
ちょっとイラッとしている・ムカつくな・・・と思っています。
怒る1歩手前というような心境です。


唇をめくりあげて歯茎・犬歯をみせる
威嚇しています。
あっちにいけ!痛い目にあうぞ!と怒っています。


さらに、怒りがMAXになると全部の歯をみせて鼻の上にシワを寄せて唸ります。


鼻で分かる犬の気持ち

ワンコたちは鼻を舐めたり、ピクピクさせたり、鼻でツンツンしてきたりと、鼻もつかって気持ちを表現します。


ワンコが鼻を舐めた時は活動開始のサイン。
寝ている時は鼻が乾いてしまっているので、嗅覚の感度をあげるためにも鼻をひと舐めするんだそうです。


また、あくびと同様で自分や相手を落ち着かせる為にもすることがあります。


鼻をピクピクさせている時は、興味のある臭いがしたりと興味津々の様子です。


鼻先を飼い主さんにツンツンしてくる
これはワンコがご主人と認めて慕っているしぐさ。口を舐めてくるときと同じ意味合いです。


ウチのコもやりますが、可愛いんですが鼻先でツンツンされるのはくすぐったくて(笑)
深い愛情を持ってくれているんだと思うと余計に愛おしくなっちゃいます。


尻尾・耳・口・鼻のしぐさをトータルしてみると、わんこが喜んでいるのか、甘えているのか、怒っているのか、不快なのかがよく分かります。


ワンコのしぐさから気持ちを読み取れるようになりたいものです。


関連記事
コレってストレス?ワンコが前足をよく舐めてる理由
鼻を舐められると臭い!! 犬の口臭の原因とケア方法
パパはワンコより格下?ワンコがつける家族の順位
無駄吠え・トイレの失敗・・・ 愛犬のしつけに困ってないですか?お家でできる犬のしつけ教室


<<<前の記事 犬のおしっこはなぜ臭い?その理由とおしっこ臭撃退法



>>犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキングはこちら

人気急上昇↑↑ ペット用サプリメント

 

ワンコとの生活を楽しくする為に役立つグッズ

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐からだ編‐

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐行動編‐

 

【ワンコの栄養学】フードやおやつ 今のままで大丈夫?

 

こんな時どうする? 病気やケガの対処法

 

マニキュア