【ワンコの栄養学】フードやおやつ 今のままで大丈夫?

栄養満点のドッグフードに足りない栄養素があった!!? 正しいドッグフードの選び方

総合栄養食と言われるドッグフード。 ワンコにドッグフードを与えるだけで必要な栄養は摂取しているんでしょうか??


我が家もワンコを飼ったときに、エサを何にしたらいいか迷いました・・


ドッグフードもドライ・半生・ウェットなど様々なタイプがあり、値段もすごく安いものからめっちゃ高いものまでマチマチです。
一体、何を基準に選んだらいいのでしょうか??


ワンコに必要な栄養素

まず、ワンコに必要な栄養素とは何でしょうか?


ワタシ達人間同様、5大栄養素と言われるタンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルがワンコにとっても必要な栄養素です。


タンパク質


特に重要な栄養素は「動物性のタンパク質」です。


ワンコの祖先は狼。
狼は肉食の動物なのでワンコも本来は肉食動物なのですが、人間と一緒に暮らすようになり穀類なども食べる雑食になったのです。


腸の長さや歯の構造などから、ワンコには消化が苦手なものもあります。
雑食だからといって人間と同じものを与えていてはいけません。本来は肉食の動物なので動物性たんぱく質の消化吸収が1番いいのです。


動物性タンパク質とは、鶏肉・ラム肉・魚・卵など動物由来のタンパク質のこと。
動物性タンパク質は、血液・骨・筋肉・皮膚・被毛を生成・維持するために大切な栄養素です。


そして、タンパク質には必須アミノ酸が豊富に含まれています。
アルギニン・ヒスチジン・イソロイシン・ロイシン・リシン・メチオニン・フェニルアラニン・スレオニン・トリプトファン・バリン これらの必須アミノ酸は体内で合成されることがない栄養素で、ワンコはワタシ達の4倍量タンパク質をエサから摂取する必要があるのです。


炭水化物


次に炭水化物。
糖質とも呼ばれ、脳や筋肉のエネルギー源として使われます。


炭水化物(糖質)は米・砂糖・デンプン・とうもろこし・いも類に多く含まれています。


タンパク質も同等のカロリーを含む為、本来はワンコにとって必要ない栄養素でしたが、人間と暮らしているうちに炭水化物を含んだ食事を食べるようになったのです。


しかし、ワンコの唾液にはアミラーゼという消化酵素が存在しないので糖質の消化は苦手です。


脂質


最大のエネルギー源脂質。
健康な皮膚や美しい被毛の維持には欠かせない栄養素でもあります。


しかし、与えすぎると肥満になってしまいますし、不足すると皮膚が乾燥したり被毛にツヤがなくなったりする為、与える量はとても微妙です。


脂質が大切だから。といってどんな脂質でもよいというわけではありません。
人間と同様で、不飽和脂肪酸を多く含むものの過剰摂取は健康にも良くありません。


ワンコにも体内で合成されない脂肪酸があり、食事から摂取する必要があります。
リノール酸・αリノレン酸・EPA&DHAがワンコの必須脂肪酸です。

ビタミン

エネルギー源にはなりませんが、身体を健康に維持する為の代謝にとても重要な栄養素です。 ワンコにとってビタミンは14種類必要と言われます。


ビタミンK・ビタミンCは体内で合成することが出来ますが、それ以外の12種類のビタミンは食事から摂取する必要があるのです。


ビタミンには水溶性と脂溶性のビタミンがあります。


脂溶性のビタミンは、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKなど。
体脂肪に含まれているので毎日与える必要はない栄養素です。与えすぎると体内に蓄積されやすいので、消化不良などの過剰症に注意が必要。


水溶性のビタミンは、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12などのビタミンB群・ナイアシン・葉酸・パントテン酸・ビタミンCなど。
水溶性のビタミンは尿などから排出されていくので過剰症の心配はありません。
脂溶性のビタミンと組み合わせて摂取するのが吸収を良くするポイントです。


ミネラル


生体にとって欠かせない微量元素のことで、カラダの発育・生理的機能の調節をする働きをします。
不足しても過剰摂取しても体調に支障をきたす栄養素なので、摂取量は慎重になります。


ミネラルは、鉄・カルシウム・カリウム・マグネシウム・リン・亜鉛・ナトリウム・ヨウ素などです。


通常ドッグフードでワンコに食事を与えているなら、不足や過剰摂取の心配はないでしょう。



最後に栄養素ではありませんが、生きていく上でとても大切な水分。


ワンコの体内は60%から70%は水分で占めています。
体温調節・栄養吸収・老廃物の排泄のためにも使用され、生きていく上で最も必要なものです。


常に新鮮なお水が飲めるようにしておいてあげましょう。
食事の時や散歩の後などによく飲みます。



よく、ワンコに与えるお水は市販されている人間用のミネラルウォーターはNGと聞いたことがあります。


これは、水に含まれるミネラルを摂ることで過剰摂取になる可能性があるからなのです。
〇〇の天然水や硬度が低い軟水のお水を与えるのは問題無いそうです。



ドッグフードの選び方

ワンコに必要な栄養が分かったところで、ドッグフードは何を基準にえらんだらいいのでしょう??


我が家のワンコも1歳になるまでペットショップで勧められたドッグフードを食べさせてきました。
パピー用だったので、カロリーを摂り過ぎるということで、同じ種類の成犬用にチェンジしたのですが、食いつきが悪い・・・


原材料を見てもほぼ同じで、何が違うんだろう??と思ったんですが、あまりにも食いつきがわるいので、フードのふりかけを買ってみました。


そしたら、食べるようになってくれたんですが、ふりかけナシでも食べられるように・・・と思い、他のドッグフードを試してみようと、小さめのパックで良さそうなのを見つけたので購入。


惹かれたのがヨークシャー・テリア専用。という所。
ヨーキーに必要な栄養素がバランスよく配合されているというのです。


今、食べているエサに少し混ぜて上げると、食いつきはまずまず(*´∀`*)
探すようにして新しい方のフードを食べてます。


それなりにお気に召したようです♪♪

安全なドッグフードを選ぶポイント☆


安全なドッグフードの条件

原料が良質なお肉中心
穀類が少なめ
使用している油脂の名称がハッキリ記載されている
合成添加物未使用
農薬未使用
正規輸入品
1kg 800円以上の物


上記の条件がクリアできない項目が多いほど、ワンコにとってはあまり良くないフードの可能性が高いです。


主原料は動物性タンパク質であることは必須です。
安いフードは原料が穀類から記載されています。これはワンコの消化を妨げるので良いフードとはいえないでしょう。


また、主原料が動物性タンパク質でも肉類とまとめて表示されたり、ミートミールチキンミールなどは肉以外の爪や皮・毛・血などの部位が混じっている可能性も高く、ミール系・パウダー系は曖昧な表記で怪しい物も多いので避けたいものです。


使用している油脂も動物性油脂などと一括されているのはNG。何が使われているのか不明です。鶏脂・魚油・ひまわり油など油脂の種類が明確に表記されている物が安心です。


どのフードにも酸化防止剤(保存料)は使用されていますが、BHA・BHTは合成添加物の中でも最悪と言われています。日本製のドッグフードには基本的に使用されていませんが、輸入品にはまだまだ使用されている添加物です。


そして、1kgあたり800円以上のフード。と言うのは、安いものには粗悪な原料が使われカサ増しすることで単価をやすくしているフードなので、ペットフードに関しては安くていいものはない。と考えるようにしたほうがいいでしょう。


最低ラインが1kgあたり800円。
このライン以上のものであれば、そんなに粗悪な原料を使用していないものが多いんだそうです。


我が家のドッグフードは大丈夫??

現在ウチのワンコに食べさせているフードの原材料ですが、1番最初に書いてあるのがチキン。
原材料は使用量の多い順番に表示されているので、動物性タンパク質のチキンなのでとりあえずクリアです。


しかし・・・次にとうもろこし・さとうもろこし、チキンエキス・米・コーングルテン・・・
穀類がやたら多いです・・・(-_-;)


使用されている油脂は鶏脂。動物性油脂とまとめての表示でなないのでクリア☆


農薬不使用は不明。
正規輸入品。原産国はオーストラリアでした。


価格も定価 800g 972円 
1kg換算すると約1210円なの価格帯もクリアです☆


最後、合成添加物ですが残念なことに酸化防止剤BHA・BHTが入ってました・・・(ノД`)
実際に害があると決まってませんが、発がん性の危険もあると日本で製造されているペットフードには一切使われていません。


使用が禁止されているわけではありませんが使用を控えているものなのでいいとは言えません。


ワンコを飼い始めて1年ですが、正直今のドッグフードでいいのか?という疑問はありましたが、原材料をしっかり調べてみて、なんだか恐ろしくなってきました・・・


もうすぐで無くなりそうなので違う種類のフードを変更したいと思います。


エサの種類を変えるには約1週間ほどかけて徐々に変える必要があるので、早速、安全なドッグフードの条件をすべてクリアしたドッグフードを買ってきました(・∀・)


今までのと比べるとちょっと割高ですが、ワンコの健康を考えたら安いもんです☆
いいモノはワンコにもわかるようで、エサを用意していると尻尾をふってじーっとみて待ってます。


主原料がチキン生肉なので食いつきは◎
今までのフードではそこまで興味を持たなかったのに、かなりお気に入りのようです(*^_^*)


問題だった酸化防止剤も天然型の安全なミックストコフェロールとローズマリー抽出物を使用



コスパ的にも続けられる価格でること、ペットショップやホームセンターなどでいつでも購入出来ることもあり、我が家はこのフードで定着しそうです(*^_^*)



関連記事
いつものフードを食べない。これってワガママ?それとも病気??
最近注目の手作りゴハンそのメリットは? 使ってもいい食材・おすすめメニューを紹介
今のままで大丈夫??肥満にならないおやつ上手なの与え方



>>犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキングはこちら

人気急上昇↑↑ ペット用サプリメント

 

ワンコとの生活を楽しくする為に役立つグッズ

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐からだ編‐

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐行動編‐

 

【ワンコの栄養学】フードやおやつ 今のままで大丈夫?

 

こんな時どうする? 病気やケガの対処法

 

マニキュア