こんな時どうする? 病気やケガの対処法

こんなウンチは要注意!! ウンチで分かるワンコの健康状態

ワンコの健康のバロメーター ウンチ


大事なワンコのウンチの状態って把握できてますか??
色・大きさ・量・形・ニオイ・回数を観察して、健康な時の状態を知っておくことがワンコの健康管理の第一歩です。


今日はちょっとやわらかいな。とか、色が違う・臭いがキツい など、いつもと違う!とわかることが大切なんです。


ウンチだけでワンコの健康管理が出来るといっても過言ではないくらいなんです。

良いウンチとは、どんな状態なんでしょう??


硬さ・・・つまんでも形が崩れない程度
色・・・茶色・こげ茶
形・・・コロンとした細長い形が理想的
におい・・・いつも同じにおい(フードなどを変えていなければ)
回数・・・食事の回数+1回程度(2回から5回程度)


このような状態のウンチが健康なワンコのウンチです。


注意が必要なウンチ


異常のあるウンチとは、どんな状態なのでしょう??


軟便(緩い・やわらかい・下痢)

ウンチがつかむことが出来ないくらいの硬さであったり、拾ったときにべったりついてしまうのもあまりよい状態ではありません。


ウンチがやわらかい・緩くなる原因は様々です。


1日に何度も緩いウンチや下痢になっていった場合は、感染症・中毒を起こしている可能性が高いので病院で診察してもらうことをおすすめします。


緩いウンチが出たら続くかどうかがチェックポイントです。


1回だけで次からは普通のウンチに戻った場合は、消化不良や水分の摂り過ぎ、また新しいフードに切り替えたことでアレルギー性腸炎を起こしていることもあります。
また、ワンコにとってストレスになるようなことが合ったときにも、ウンチが緩くなることもあるそうです。


ウンチが緩い・やわらかい・下痢になった時は、ウンチの状態(色や量・血が混じっていないかなど)・回数・その他の症状(嘔吐・元気がない・食欲が無い)がないかをよく観察してあげましょう。


軟便が続くと体力の消耗・水分不足で衰弱してしまうので、早めの対象が肝要です。


ウンチが硬い

ウンチが硬い場合、食餌量の不足や肉類の過剰摂取・カルシウムの摂り過ぎ・水分不足・栄養が偏っている可能性があります。


原因を見てみるとフードが大きく影響しているようです。
今食べているフードが合わない・量が少ない・手作りごはんの場合、栄養が偏っていることが原因かもしれません。


ドライフードをメインにしているなら水分不足の可能性も高いでしょう。
もともと水分をあまり摂らない子もいますので、フードに水分をプラスして水分不足を解消してあげるなど、フードの与え方に工夫が必要かもしれません。

ウンチの量が多い

通常、食べた量より少ないウンチが排泄されます。 体内でキチンと消化・吸収されていれば、排泄物は少なくなるのですが、ウンチの量が多い場合ちゃんと消化されていない可能性大です。


フードの原料に消化されにくいものが多く含まれている場合に起こります。
最近注目の手作りゴハンそのメリットは? 使ってもいい食材・おすすめメニューを紹介 ドッグフード VS 手作りゴハン メリット・デメリットでも書いたように、ワンコは小麦や米・とうもろこしなどの穀類は消化が苦手です。


フードの原料が穀類中心のものだと消化に負担がかかっているので、動物性タンパク質メインのフードに変えることで改善することが出来るでしょう。


ウンチが細い


ウンチが異様に細くなった時も注意が必要。
ウンチが細い=腸が圧迫されています。


直腸がん・オスなら前立腺がん・メスは子宮がんの可能性もあるようなので、早めに検査してもらったほうがいいでしょう。


いつもよりウンチがクサイ


いつも違うものを食べた・食べ過ぎ・消化不良など些細な変化でニオイも変わってきます。


また、粗悪な原料を使っている安いドッグフード、ヒトの食べ物は消化されにくかったり、脂肪が多いなどウンチのニオイを強くしてしまいます。


もう1つの原因は腸内環境の悪化


ワンコの腸内で悪玉菌が増殖しているとウンチのニオイもキツくなってきます。
腸内環境の悪化は、軟便・便秘・食糞の原因にもなるため、腸内環境を整えることはとても重要です。

色がおかしい

ウンチの色が黄色・緑がかっている時は小腸での消化吸収がうまくできていないことが多いです。


黒いウンチは小腸の中で出血してるサイン。
ペースト状で薄い色をしているウンチは胆汁が不足しています。
白っぽいウンチ・灰色っぽいウンチは、膵臓機能が低下している・カルシウムなどのサプリメントを多く摂取した時にでることもあります。


血便


出血している部分によって色が違います。


胃や小腸で出血している場合は黒いウンチ。大腸や肛門近くで出血している場合は鮮やかな赤の血液が混じっています。


いずれにしても、消化器官からの出血ですのでいい状態ではありません。
胃や小腸からの出血の原因は、寄生虫やタマネギ中毒・ストレス性腸炎や細菌性腸炎を起こしていることが考えられます。


出血が大量の場合、黒いタール状のウンチで、胃潰瘍・胃がん・口腔内や気管・肺からの出血の疑いがあるので、早急に病院を受診することが必要な状態です。


白い粘膜に覆われる


ウンチが白い粘膜の覆われて出てくる時があります。この粘膜は腸の粘膜。


軟便が続くことで腸炎を起こし、腸が動きすぎて粘膜が剥がれてウンチを一緒に出てきたと考えられます。


ウチのワンコも粘膜に包まれたウンチをしたことがあって、ビックリしました!!


受診したほうがいいか獣医さんに尋ねると、食欲も元気もあって嘔吐もなければ、一晩様子を見るように。と・・・
ただ、消化不良の可能性が高いからフードはお湯でふやかして消化しやすくして与えるうようにとの指示でした。


指示通りにフードを与え、様子をみててもいつもと変わりなく元気!!その後のウンチもいいウンチだったので、たいしたことなくてホッとしました。


ウンチがいつもと違う。とわかるように観察しておくことって、とても大切なことだと痛感しました。


病気の早期発見にもつながる飼い主の大事な責任でもあると思うので、健康チェック=うんちチェックを欠かさずしていかなければと思います。


関連記事
コレってストレス?ワンコが前足をよく舐めてる理由
自分のウンチを食べちゃった!?食糞をする理由とやめさせる方法
病気を未然に防ぐのも飼い主の義務☆予防接種とフィラリア・ノミ・マダニ予防
栄養満点のドッグフードに足りない栄養素があった!!? 正しいドッグフードの選び方
最近注目の手作りゴハンそのメリットは? 使ってもいい食材・おすすめメニューを紹介



>>犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキングはこちら

人気急上昇↑↑ ペット用サプリメント

 

ワンコとの生活を楽しくする為に役立つグッズ

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐からだ編‐

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐行動編‐

 

【ワンコの栄養学】フードやおやつ 今のままで大丈夫?

 

こんな時どうする? 病気やケガの対処法

 

マニキュア