こんな時どうする? 病気やケガの対処法

ワンコが突然吐いた!!?緊急性があるかどうか見分ける術

ワンコが突然吐いたら、ビックリしますよね??


人間のように体調が悪くて吐いたりすることもありますが、病気じゃなくても吐くことはワンコにはよくあることなんだそうです。


よく吐くからといってなんの理由もなく吐くわけではありません。
ちゃんと原因があります。
その原因を知ることで様子を見ても大丈夫なのか、一刻を争う状態なのかを判断することが出来るのです。


嘔吐と吐き出しの違い


ワンコの吐くには、嘔吐と吐き出しの2種類があります。


嘔吐は胃腸のトラブルが原因で起こります。
また、腎臓や肝臓の疾患が原因で起こることもあります。
嘔吐の特徴は、下を向いて吐く・吐いたものは消化されているのが特徴です。


吐き出しは、食べたものが胃まで到達する前の未消化フードが逆流することです。
主に食道に原因があると考えられます。


早食いや食べ過ぎも吐き出しの原因になり、嘔吐と吐き出しの大きな違いはワンコが吐いたものを食べるかどうかです。


嘔吐したものは食べませんが、吐き出したものはもう一度食べる事があります。
これが、吐き出しと嘔吐を見分ける1つの方法です。


基本的に吐き出しの場合、そんなに心配することがないと言えます。
喉や食道に引っかかったりすることで吐き出します。


まれに、喉や食道になんらかの問題が起こり、嚥下困難になっていることもあります。
頻繁に繰り返すなら、食道拡張症・腫瘍などの疾患の可能性もあるので病院で検査することをおすすめします。


ワンコが吐く原因と理由


原因その1 食べ過ぎ

ワンコは本能的に出されたエサは全部食べる習性があります。
狩りをしていた頃、いつ食べられるかわからないから、食べられるときに食べておく。これがワンコの習性です。


ですから、どんなに量が多くても出されたエサは食べる。食べ過ぎてしまって吐いてしまう。ということが1番多い原因なのです。


また、他のワンコに盗られないように。と、早食いするワンコも多いです。


うちのワンコもお腹が空いている時は超早食い。あっという間に食べ終わっています。


ワンコにとっても早食いは良くありません。
早食いは胃への刺激が大きく、吐き戻す可能性があるのです。


早食いにならないように食器を変えてみる。
食べ過ぎないように、食事の回数を増やすなどの対策で改善することができます。


原因その2 空腹

空腹の時間が長いときに、白い泡状や黄色い液体を吐くことがあります。


白い泡状の液体は胃液・黄色い液体は胆汁。胃が空っぽで胃液が逆流してきたことが原因でおこります。


うちのコも仔犬の頃何度かありました。


前日の夜から翌日の朝のエサをあげるまでの時間が空きすぎたようで、黄色い泡状の液体を吐いたことがあって、この時もビックリでした。
初めてのことだったので、心配で病院へ連絡をすると「空腹による胃液や胆汁の逆流では?」と言われました。


ゴハンの回数を増やすか、夜寝る前に少しおやつをあげるなどして、空腹になる時間を短くしてあげることでなくなるので、心配いらないとのことでした。


原因その3 胃をキレイにする為

ワンコは胃に自分で消化できない物があると感じると、本能的に吐くという習性を持っています。


散歩の時などに草を食べて吐く時は、胃にたまった毛玉を吐き出すためや、脂肪分の多いもの・食べ過ぎた時に胃の調子が悪いときに吐くための行動といいます。


頻繁に吐かなければ比較的問題のない嘔吐といえます。


原因その4 ストレス


精神的なダメージに弱い子はストレスで吐いてしまうこともあります。


例えば、トリミングサロンや病院へ行った、知らないヒトや犬にあった、大きな音(雷や花火)、長時間のお留守番、ペットホテルに預けられたなどその子にとって大きなストレスを受けた時に起こることがあります。


精神的なダメージの場合、ストレスを感じた直後・2.3日後など、症状が出るのもバラバラなので、日数が経つと原因が特定しにくい場合もあるので、原因が分からない嘔吐はストレスを疑ってもいいでしょう。


ストレスが原因の嘔吐は一過性のもので、ストレスがなくなればなくなるのでさほど心配することもないようです。



原因その5 乗り物酔い


ワンコも乗り物酔いをします。

ワタシ達人間よリも三半規管が優れている分、感覚が麻痺して乗り物酔いして吐くことがあります。


ワンコと一緒にお出かけしたい♪♪ 乗り物酔いするコのための対処法でも触れましたが、うちのこも初めての遠出で、車酔いをして吐いてしまいました・・・


ワタシの知識不足のため、ワンコに可哀想な思いをさせてしまった事を後悔しています。


乗り物酔いは不安や緊張も大きく、何度も車に乗せたり、楽しいことが待っている。ということがワンコが認識出来るように慣れば、治まっていくんだそうです。


これも一過性のものであり心配ない嘔吐です。


原因その6 フードが合わない・アレルギー

新しいフードに切り替える時、いきなり新しいフードのみにしてしまうと身体に合わなくて嘔吐してしまうこともあります。


また、ワンコもアレルギー体質の子がいます。
新しいフードの原材料や添加物の中にアレルゲンがあることも・・・


新しいフードへの切り替えは、今のフードに少しずつ加えていって徐々に移行させていくことが大切です。


アレルギーが心配な子には、アレルゲンの少ないフードを選んであげることや、手作りゴハンを取り入れることも必要かもしれませんね。


原因その7 疾患


食道に異常

食道に何らかの異常があり、食べたものが引っかかって吐いてしまうことが考えられます。


食事のたびに繰り返す時は、食べたものが食道を通過できない理由があるのです。
食道拡張症・腫瘍・異物があるなど何らかの原因があるので、病院を受診しましょう。


胃に異常
胃炎・胃潰瘍・胃捻転・胃の狭窄など胃腸のトラブルで吐くことも多いです。
これらのような胃腸のトラブルは腹痛を伴うことが多く、お腹がいたいので身体をまるめたりしていることがあります。


まれに吐いたものに血がまじることもあるので、嘔吐物をしっかりチェックする必要があります。


腸に異常
腸炎・腸捻転・異物による腸閉塞・寄生虫が原因で吐くこともあります。


この場合も、吐いたものに血が混じっていないか?吐いたものからウンチのニオイがしないか?チェックすることで、原因が特定しやすくなります。


原因その8 中毒症状

ワンコが食べると中毒症状を起こす食べ物が幾つかあります。


中でも、ネギ類(タマネギ・ネギ・ニンニク・ニラなど)、チョコレートなどのカカオ類、ガムなどに含まれるキシリトールは、最も重篤な症状を引き起こす危険のある食材。


ワンコが食べたら危険な食べ物 詳しくはコチラを参照→ワンコが食べてはいけない食材


ワンコにとって危険な食べ物を誤って食べてしまった場合、激しい嘔吐・下痢・痙攣などの症状が起こり、最悪の場合死に至ることもあるので、もし誤って食べてしまった場合、迷わず病院を受診しましょう。


急に嘔吐や下痢・痙攣などの症状を起こしたら、中毒性のあるものを食べたと考えられるので、早急に病院を受診したほうが良いでしょう。


中毒症状は飼い主の管理で十分防ぐことができるので、ワンコが間違えて食べれないような環境つくりをしておくことが重要です。

原因その9 感染症

パルボウィルス・ジステンバー感染症・フィラリア症・犬コロナウィルス性腸炎などの感染症によって、嘔吐・下痢・発熱などの症状がでます。


嘔吐だけでなく下痢も伴う場合、体力を消耗しぐったりしてしまいます。
仔犬や老犬に場合は症状が悪化しやすいので、早めに病院へ受診することをおすすめします。


しかし、感染症のほとんどは、ワクチンや予防薬で感染を予防することができます。
パルボウィルス・コロナウィルス性腸炎・ジステンバー症は、産まれてから3回接種し、その後年1回ペースで受ける混合ワクチンに含まれています。

フィラリア症も5月から12月ころまでの感染が多く、動物病院で予防薬が薦められる感染症です。


我が家も今年の混合ワクチンも接種済、フィラリアの予防薬も毎月1回飲ませています。
今年は、マダニやノミも多いそうで、全部予防できる薬を処方してもらいました。
1錠1700円しますが、ワンコが病気になるほうが可哀想なので、そのへんの出費は惜しみたくありません。


予防できる病気や感染症から守ってあげるもの飼い主の役目です。

ちょっと厳しいことを言いますが、それが出来ないのならワンコを飼う資格がないといっても言いすぎじゃないと思ってます。
ワクチンの接種・予防薬についてはコチラを参照→病気を未然に防ぐのも飼い主の義務☆予防接種とフィラリア・ノミ・マダニ予防


原因その10 誤飲・誤食

何にでも興味を示すので、ワンコの誤飲・誤食はつきません。


しかし、誤飲も誤食も事前に防ぐことが十分可能。
食べたら危険なものは片付けておけば、ワンコが飲み込む危険性も低くなります。


ワンコが誤飲・誤食しやすいのは、ティッシュペーパーや紙くず、ペットシーツ、タオルや布製のおもちゃの破片、靴下などの布。
日常的に使用するものなので誤飲や誤食がとても多いのです。


特にペットシーツ。
退屈しのぎやイタズラでボロボロにして、ビニール部分を食べてしまって体内に蓄積されると、腸閉塞を起こす危険もあるので気をつけてあげたいです。


喫煙者がいるお家は、タバコの吸殻も誤食しないように気をつけたいです。
小型犬の場合、2.3本でニコチン中毒を起こす危険もあります。


誤飲・誤植が多い犬種は、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ウェルシュ・コーギー、チワワ、ミニチュア・ダックスフントなど。
この犬種の子たちは、口にものを入れるのが好きで好奇心も旺盛なので、特に注意が必要な犬種なんだそうです。


その他の原因


その他、肝炎や膵炎、腹膜炎、腎不全などの疾患が原因で嘔吐することもあります。


真夏の暑い時期には熱中症の症状の1つとして嘔吐することも!!


我が家のワンコも実質初めての夏で、暑さに負けて熱中症になってしまいました。
その時は、2回ほど吐いてしまって慌てて病院へ行きましたが、気づくのが早く大事には至らなく良かったです。


ワンコは喋ることができないので、いつもと変化がないか常に注意して見てあげることがとても必要なんだと感じます。


関連記事
コレってストレス?ワンコが前足をよく舐めてる理由
愛犬の可愛いあのしぐさ 実はこんな意味だったんです
STOP!噛じり癖!! 紙もビニールもプラスチックもなんでもガジガジ噛じるのを止めさせたい!
ワンコと一緒にお出かけしたい♪♪ 乗り物酔いするコのための対処法
最近注目の手作りゴハンそのメリットは? 使ってもいい食材・おすすめメニューを紹介
病気を未然に防ぐのも飼い主の義務☆予防接種とフィラリア・ノミ・マダニ予防


<<<前の記事 こんなウンチは要注意!! ウンチで分かるワンコの健康状態



>>犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキングはこちら

人気急上昇↑↑ ペット用サプリメント

 

ワンコとの生活を楽しくする為に役立つグッズ

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐からだ編‐

 

可愛い愛犬の気になる悩み ‐行動編‐

 

【ワンコの栄養学】フードやおやつ 今のままで大丈夫?

 

こんな時どうする? 病気やケガの対処法

 

マニキュア